平成29年測量士補No.13解説

平成29年測量士補No.13の解説です。

 

レベルの読定値を求める問題です。

 

まずAのレベルの値を計算します。

 

標尺Ⅰは1.2081m

標尺Ⅱは1.1201m

 

つまり、標尺Ⅰの高さより標尺Ⅱの高さが0.088m低いといことになります。

 

次にBのレベルを計算してみましょう。

 

標尺Ⅰは1.2859m

標尺Ⅱは1.2201m

 

つまり、標尺Ⅰの高さより標尺Ⅱの高さが0.0658低いということになります。

 

0.088と0.0658の差は0.0222

 

これを補正します。

 

0.0222でレベルAの観測距離(15+15)30で割ります。その後レベルBの観測距離(15+15+3)をかけます。

 

0.0222×30÷33=0.02442

 

これをレベルBの標尺Ⅱの値から引いてあげます。

 

1.2201-0.02442=1.19568

 

回答欄に近い数字で1.1957とありますので、これが正解となります。

 

よって③が正解となります。

平成29年測量士補No.12解説

 

 平成29年測量士補No.12の解説です。

 

水準測量の最確値を求める問題です。

 

この問題ではまず矢印に注目しましょう。

 

新点P“に”向かっている矢印と新点P“から”向かっている矢印とありますね。

 

この問題ですとAとBがPに向かっていて、CはPから向かっています。

 

“に”向かっているものは既知点から観測高低差を足してください。

“から”向かっているのは引いてください。

 

A:18.062+2.676=20.738

B:19.767+0.965=20.732

C:21.711-0.987=20.724

 

次に観測距離の最小公倍数を探します。

A:3km

B:6km

C:2km

ですので、最小公倍数は6になりますね。

 

観測距離に反比例するため

A:6分の3=2

B:6分の6=1

C:6分の2=3

となります。

 

次に上記で求めた標高で同じ部分を見てみましょう。

20.7まで一緒です。ということはその後を計算すれば良いのです。

A:38×2=76

B:32×1=32

C:24×3=72

これを足します。

A+B+C=180

これの平均値ですので、上記のかけた数字の合計で割れば出ます。

 

180÷(2+1+3)=180÷6=30

 

20.7の後は30ですので、20.730となります。

 

よって②が正解となります。

ファイナンシャル・プランニング技能士

FPについて

 

測量士補の過去問解説の途中でしたが、疲れてしまったので、気分転換にFPについてちょと触れたいと思います。

 

FPを勉強する上でおすすめしていることは、まずTAX(税金)から勉強することです。

 

税金は他の分野に通ずることがあり、税金を先に把握することによって、反復学習することが出来ます。

 

次はFPの学習ポイントの説明をしたいと思います。

 

 

平成29年測量士補No.11解説

平成29年測量士補No.11の問題です。

 

これも誤差の問題ですね。

 

これも暗記しかないのですが、それぞれの選択肢のポイントをお伝えします。

 

a.について

視準線誤差と鉛直軸誤差です。

鉛直軸誤差は消去出来ませんので、消去出来るなっている問題と異なります。

 

b.について

水準測量とはレベルによる測量です。

レベルで消去出来ない誤差には目盛誤差が追加されます。

目盛誤差は標尺の目盛自体が合ってないことになるので消去出来ません。

 

c.について

地球の湾曲による誤差は球差になります。

 

d.について

光の屈折による誤差・・・とは暑い日などは遠くを見ると肉眼でも道路等が揺らいで見えることがありますよね。なので、読む目盛がおかしくなってしまうことがあるのです。これは道路で考えてみると遠くに蜃気楼みたいなものが見えて、近くは見えますよね。つまり、見る距離を短くすれば良いのです。

 

e.について

これは過去問で良く出ますね。

2.5√S

という問題。

つまり√が付いているので、平方根に比例です。

 

よって③が正解となります。

平成29年測量士補No.10解説

平成29年測量士補No.10解説です。

 

レベルの問題ですね。

 

気になる点もないですね。

 

電子レベルとは目で見なくても自動で測ってくれるレベルです。

 

でも、標尺は垂直に立てないといけません。

 

傾いてると高さに違いがでます。

 

目で見る場合と同じです。

 

平成29年測量士補No.9解説

平成29年測量士補No.9解説です。

 

これは慣れれば簡単な問題です。

 

まずXとYをの斜距離を求めましょう。

 

まずA→B、A→Cにそれぞれ数字があります。

これは

A→Bの値 - A→Cの値

で求めます。

 

Xは400-100=300

Yは-200-200=-400

ここで注意頂きたいのは-の値になっても結局+になるので、-は気にしなくて良いということです。

 

後は

ルート 300の2乗+400の2乗

を行い、

ルート 250000

となります。

 

次はZの値

100-(-500)=600

となります。

なので今度は上記で求めたルートの値とZの値で同じ計算。

 

ルート 600の2乗+ルート250000の2乗

 

なので ルート360000+250000となります。

 

計算すると ルート610000

 

ルート610000は

ルート61×100

となり、

ルート61は関数表から7.81025

 

7.81025×100=781.025

 

となり、④が正解となります。

 

 

 

平成29年測量士補No.8解説

平成29年測量士補No.8の解説です。

 

GNSS測量の問題ですね。

 

GNSSとはGPSを使った測量ですね。

 

a.GNSSとは・・・

  衛星測位システムの総称です。衛星から自分の位置を算出して測量します。

b.GNSSの基線解析を行うには、GNSS衛星の・・・

  軌道情報が必要です。GNSSの品質情報・・・空に浮かんでる衛星の品質情報など知りようがないです。

c.GNSSでは・・・が確保出来なくても

  観測点間の視通です。それがGNSS測量のいいところです。観測点間通しが見えるなら普通に測量したほうが明らかに早いです。GPS測位するのに時間かかるので。

d.・・・誤差は2周波の観測により軽減。

  電離層です。対流圏はソフトウェア解析により軽減します。この文言の入れ替わった問題はよく出ます。

c.GNSSアンテナの向き・・・の影響を軽減。

  アンテナ位相特性です。マルチパスとは電波が物にあたって反射することによる誤差で、アンテナの向きは関係ありません。

 

よって、②が正解となります。