平成29年測量士補No.1解説

平成29年測量士補のNo.1について解説致します。

 

※問題についてお持ちでない方は、国土地理院のホームページからダウンロード出来ます。

 

No.1について悩む選択肢は③と⑤だと思います。

 

他の選択肢については過去問を解いていれば解けると思います。

 

③について、「国土交通大臣」との文言があります。

過去問を解いた方はここでまず止まってます。よく「国土地理院の長」と「国土交通大臣」を入れ替えて、誤りの問題が作成されているからです。

なので、国土交通大臣と出るとそれだけで誤りの様な気がしますが、ここの「国土交通大臣」は正解です。測量士補で出てきそうな「国土交通大臣」が出てくる可能性のある法規はこの③の問題の法規と第5条の「公共測量」の部分でしょうか。

「公共事業」については「国土交通大臣」が指定するものとあります。

 

⑤について、これは「測量士」の規定ですね。

測量士補はあくまで測量士の計画に基づいて測量を行います。

測量士補は計画出来ません。

 

つまり、誤りは測量士補と記載されている「⑤」となる訳です。