平成29年測量士補No.5解説

平成29年測量士補No.5の解説です。

 

基準点測量の順序

 

計画・準備 → 踏査・選点 → 測量標の設置 → 観測 → 平均計算 → 成果等の整理

 

計画・準備はもう一番目に来ていますね。

当然ですね。旅行でも飲み会でも計画・準備が一番最初

 

踏査・選点

踏査は「とうさ」と読みます。現地調査という意味ですね。

現地調査を行って、使う基準点を選んだということです。

 

測量標の設置

基準点あっても今回の測量目標地に測量の標を打たないと測量出来ませんよね。

 

観測

器械で実際見てみる訳です。

 

平均計算

器械で見た結果が同じになることはほとんどありません。

なので、観測値を平均するのです。

だから、観測前には出来ませんよ!

 

成果等の整理

整理は最後ですよね!

 

てことで、①が正解です。