平成29年測量士補No.8解説

平成29年測量士補No.8の解説です。

 

GNSS測量の問題ですね。

 

GNSSとはGPSを使った測量ですね。

 

a.GNSSとは・・・

  衛星測位システムの総称です。衛星から自分の位置を算出して測量します。

b.GNSSの基線解析を行うには、GNSS衛星の・・・

  軌道情報が必要です。GNSSの品質情報・・・空に浮かんでる衛星の品質情報など知りようがないです。

c.GNSSでは・・・が確保出来なくても

  観測点間の視通です。それがGNSS測量のいいところです。観測点間通しが見えるなら普通に測量したほうが明らかに早いです。GPS測位するのに時間かかるので。

d.・・・誤差は2周波の観測により軽減。

  電離層です。対流圏はソフトウェア解析により軽減します。この文言の入れ替わった問題はよく出ます。

c.GNSSアンテナの向き・・・の影響を軽減。

  アンテナ位相特性です。マルチパスとは電波が物にあたって反射することによる誤差で、アンテナの向きは関係ありません。

 

よって、②が正解となります。