平成29年測量士補No.12解説

 

 平成29年測量士補No.12の解説です。

 

水準測量の最確値を求める問題です。

 

この問題ではまず矢印に注目しましょう。

 

新点P“に”向かっている矢印と新点P“から”向かっている矢印とありますね。

 

この問題ですとAとBがPに向かっていて、CはPから向かっています。

 

“に”向かっているものは既知点から観測高低差を足してください。

“から”向かっているのは引いてください。

 

A:18.062+2.676=20.738

B:19.767+0.965=20.732

C:21.711-0.987=20.724

 

次に観測距離の最小公倍数を探します。

A:3km

B:6km

C:2km

ですので、最小公倍数は6になりますね。

 

観測距離に反比例するため

A:6分の3=2

B:6分の6=1

C:6分の2=3

となります。

 

次に上記で求めた標高で同じ部分を見てみましょう。

20.7まで一緒です。ということはその後を計算すれば良いのです。

A:38×2=76

B:32×1=32

C:24×3=72

これを足します。

A+B+C=180

これの平均値ですので、上記のかけた数字の合計で割れば出ます。

 

180÷(2+1+3)=180÷6=30

 

20.7の後は30ですので、20.730となります。

 

よって②が正解となります。