平成29年測量士補No.13解説

平成29年測量士補No.13の解説です。

 

レベルの読定値を求める問題です。

 

まずAのレベルの値を計算します。

 

標尺Ⅰは1.2081m

標尺Ⅱは1.1201m

 

つまり、標尺Ⅰの高さより標尺Ⅱの高さが0.088m低いといことになります。

 

次にBのレベルを計算してみましょう。

 

標尺Ⅰは1.2859m

標尺Ⅱは1.2201m

 

つまり、標尺Ⅰの高さより標尺Ⅱの高さが0.0658低いということになります。

 

0.088と0.0658の差は0.0222

 

これを補正します。

 

0.0222でレベルAの観測距離(15+15)30で割ります。その後レベルBの観測距離(15+15+3)をかけます。

 

0.0222×30÷33=0.02442

 

これをレベルBの標尺Ⅱの値から引いてあげます。

 

1.2201-0.02442=1.19568

 

回答欄に近い数字で1.1957とありますので、これが正解となります。

 

よって③が正解となります。